勉強をしました。アフリカ諸国は長年の植民地支配の影響で経済がおくれていたり、コンゴのように地域間対立から内乱となるなど、独立後も多くの問題をかかえていました。ラテンアメリカでは、1948年に米州機構が組織されてアメリカが主導する反共体制が形成され、革命運動などが封じこまれました。しかし、キューバでは親米政権への反発が強まり、カストロは1959年に政府を倒しました。彼は首相となり、アメリカ系企業をふくむ大企業を国有化し、土地改革をすすめて小作人に土地を分配しました。このためアメリカとの対立が深まり、1961年に社会主義を宣言してソ連寄りの姿勢を示しました。キューバ革命はラテンアメリカの諸地域に影響をあたえ、外国資本に従属的なモノカルチャー経済から脱却しようと各地で反政府ゲリラ活動が展開されました。アメリカも軍事的に革命運動を封じる政策ばかりでなく、経済援助をつうじてラテンアメリカの資本主義的近代化をすすめる政策をとるようになりました。アビエルタアイクリーム